お通夜の意義と基本的な考え方は?

お通夜とはその文字通りで、近親者が夜通しで故人を見守る儀式のことで、葬儀前の最後の夜を過ごすこと。

 

故人のそばで冥福を祈りながら思い出話しをして、ロウソクと線香を絶やさないように過ごすものでしたが、最近は少し状況が変わりつつあり、半通夜が主流になっています。

 

半通夜とは午後6時か午後7時から2時間ほどの時間で、読経・焼香・参列者のもてなしを済ませる簡素なもの。

 

最近では、葬儀・告別式に参加できない場合、お通夜のみに参加する人も増えています。

 

お通夜当日の流れとは?

 

通夜当日の流れとは?

 

会場到着・打ち合わせ
(開式の1.5時間前)

通夜が始まる1時間半前くらいまでに通夜斎場に到着して、葬儀社と当日の打ち合わせを行います。頂戴した生花の並び順、参列者の人数、受付等の最終確認を行います。
僧侶への挨拶とお布施も始まる前に渡しておきましょう。

通夜の受付開始
(開式1時間前)

通夜の開始時間の1時間前ないし、30分前までに受付を開始するのが一般的。
香典など金銭に関わる部分は葬儀社よりも喪主側で手配しましょう。信頼できる友人・知人がおすすめです。

着席・開式 通夜の開式時間までに着席して待ちます。読経や焼香で30分〜1時間かかるのでトイレなどは開式前に済ませておきましょう。僧侶が入場したらお通夜が始まります。

読経・焼香
(30分〜1時間)

僧侶による読経は一般的に30分が基本。読経後に法話を行う場合もありますが、檀家さんや菩提寺が決まっている場合以外は、あまり行われないでしょう。
読経中に焼香を行いますので、僧侶の指示か葬儀社の指示に従って順次、焼香をします。

僧侶退場 読経・焼香が終われば、僧侶が退席します。
閉式の挨拶 葬儀社の担当者ないし、喪主が参列者への感謝を伝え、通夜ぶるまいの場所や時間等の説明をします。

通夜ぶるまい
(1〜2時間)

遺族は参列者に対して挨拶や接待をするのが主流になっています。参列者へのねぎらいとお礼を示すのが目的ですので、全てのテーブルを回るようにします。
僧侶も参加可能なら参加してもらいましょう。(参加できない場合は御膳料をお渡しします。)

喪主の挨拶

通夜の閉式の挨拶と葬儀・告別式の案内をします。
喪主や遺族は受付で参列者に返礼品や会葬礼状を渡します。(葬儀社のスタッフに頼むことも可能です。)

 

お通夜で喪主が行うべきことは何か?

 

お通夜しっかり終わらせるためにも、当日の喪主の役割が非常に大切になってきます。

 

お通夜当日に喪主がやるべきことは、

 

  • 葬儀社との打ち合わせ&会場確認
  • 開式15分前までの着席
  • 僧侶の次に行う焼香
  • 焼香時の参列者への黙礼
  • 閉式の挨拶(葬儀社の場合もあり)
  • 通夜ぶるまいでのお酌や挨拶
  • 通夜閉式の挨拶(葬儀・告別式の案内)
  • 参列者への返礼品や会葬礼状のお渡し

 

最低でもこのくらいのことをお通夜前後の3〜4時間の間にこなす必要があります。

 

特に通夜の閉式の挨拶は重要ですので、一例を紹介すると・・・

 

通夜で行う喪主の挨拶の例文

 

お通夜で行う喪主の挨拶は長時間する必要もなく、3分くらいを目指して行うのが良いと思います。

 

喪主の挨拶の中に入れるべき項目は、

 

  • 参列いただいたことへの感謝
  • 生前のお付き合いに対する感謝
  • 葬儀・告別式の案内(通夜ぶるまいの案内)

 

この3つのポイントを中心に故人との思い出や人柄、教えなども話すと短すぎるということもないと思いますよ。

 

 

例文

 

本日はお忙しいところ、父(母)のためにお越しいただき、誠にありがとうございました。

 

1年ほど前から入院し、一時は症状もよくなりましたが、その後は好転することもなく、本日に至ってしまいました。

 

最期は静かに眠るように息をひきとりましたのが、せめてもの救いでございました。

 

生前に皆様より賜りましたたくさんのご厚意に、父(母)も感謝しながら逝ったものと思います。

 

父(母)の在りし日のことなどお聞かせ願えればと、別室にてささやかなお食事などを用意いたしておりますので、皆様、ごゆっくり故人を偲んでいただければ幸いでございます。

 

なお、葬儀・告別式は明日午前◯時より○○で執り行います。ご都合がおつきになりましたら、最後のお見送りをしていただきたく存じます。

 

本日は、誠にありがとうございました。

 

トップへ戻る