お通夜の到着時間と退席時間は?

お通夜に参列する際に気になるのが到着時間と退席時間ではないでしょうか?

 

お通夜自体は、通夜ぶるまいまで参加すれば2〜3時間程度で終わりますが、そこまで時間を割けないこともあるでしょう。

 

通夜会場に到着する時間と退席可能な時間を知っておくことで、マナーがわかっていない人と思われないように注意してください。

 

通夜会場への到着時間の目安は?

 

通夜会場への到着時間の目安は?

 

通夜会場に到着する理想的な時間は、開式の20分〜30分前と言われています。

 

  • 18時からのお通夜なら、17時30分〜17時40分ごろ
  • 19時からのお通夜なら、18時30分〜18時40分ごろ

 

この時間帯を目安にして通夜会場に到着していれば、他の参列者の方やご遺族の方に迷惑をかけることもありませんし、周りの方と故人のお話をすることもできると思います。

 

遠方からお通夜に向かう人の場合、少し早めに会場に到着する場合もあるかもしれませんが、お通夜を行う場所によっては待合室が用意されていることもあるでしょう。

 

ただあまりにも早く到着しすぎても、

 

ご遺族の方も葬儀会社の人と打ち合わせをしていたり、まだ会場入りしていない場合もあるので、その点は注意してください。

 

お通夜の途中参列は可能なのか?

 

お通夜の開式時間は知っていたものの、急な仕事や抜けられない仕事があり、開式時間に間に合わない。

 

その時はどう行動すべきなのか?

 

仕事などで抜けられない場合は、開式時間から遅れて参列しても問題ないと考えられています。

 

ただお通夜の終了時間まで、ご焼香ができるとも限りませんので、通夜開始後30分以内の到着を目指してください。

 

僧侶の読経が30分程度なので、その間に到着することができれば、ご焼香に間に合わないことはないでしょう。

 

 

お通夜の退席時間は通夜ぶるまい終了後だけなのか?

 

基本的にお通夜に参列される場合は、お通夜後に行われる通夜ぶるまいまで参加するようにします。

 

やむを得ない事情があり通夜ぶるまいに参加できない場合は、ご焼香が終わっていれば退席してもマナー違反だと思われません。

 

ただ退席する際には、祭壇に向かって一礼してから外に出るようにします。

 

返礼品や会葬礼状が用意されている場合もありますので、ご遺族の方にひと声かけてから退席する方が望ましいと思います。

 

お通夜場合は途中退席は可能ですが、葬儀・告別式の途中退席は明らかなマナー違反ですので、絶対に止めておきましょう。

 

葬儀・告別式に参列する際には、出棺して見送りが終わってから席を立つのが最低限のマナーです。

 

お通夜に参列したらお清めの塩をかけよう

 

お通夜や葬儀・告別式に参列すると、会葬礼状や返礼品と一緒に【お清めの塩】をいただきます。

 

お清めの塩は自宅に入る前に玄関口で使うのが基本ですが、宗派によってはお清めの塩を用意していない場合もあるので、気になる方は参列前に玄関脇に置いておきましょう。

 

お清めの塩のかけ方は、

 

自分で行う時は左右の肩越しに背中にかけ、家族にやってもらう時は胸や背中、足にかけてもらいましょう。

 

そもそもお清めの塩とは、神道で死を穢れと考え穢れが家に入らないように自分で行っていたお清めの儀式の簡易版です。

 

お通夜の時間に関するマナーはこの記事を読めば十分だと思いますが、マナー的に問題がないからと遅刻&途中退席ではご遺族の方の心象もあまりよくないので、故人との関係性も踏まえてしっかり考えてくださいね。

トップへ戻る