お通夜に参列すべき関係性はどこまでなのか?

お通夜の日程を聞いたけどお通夜に参列すべきなのか?近年、一般的になりつつある通夜参列に関する対処法を紹介すると・・・

 

近親者ないし、故人と特に親しかった人

・訃報を受けたら通夜の前に弔問に駆けつける
・通夜と葬儀の両方に参列する
・参列できない場合は香典、供花か供物を送る

3親等以外の親族、故人と親交があった人

・訃報を受けたら通夜と葬儀の両方に参列する
・参列できない場合は香典と供花を送る

故人の会社や職場の代表者、一般の弔問者

・通夜か葬儀・告別式のいずれかに参列する
・代表者が参列できない場合は弔電を打つ(香典や供花を送っても良い)

故人の職場の同僚、喪主や喪家の知人や友人

・通夜か葬儀のいずれかに参列する
・お悔やみの手紙や香典や供花を送ってもよい
・香典や供花を連名で送ってもよい

 

香典金額の目安は?

 

香典金額の目安は?

 

一般的な香典の金額の目安は5,000円〜10,000円ですが、故人との関係性が近いほど金額が大きくなりますので、下記表を参考にしてください。

 

両親 5〜10万円
兄弟姉妹・その配偶者 3〜5万円
祖父母 5千〜3万円
叔父・叔母・いとこ 1〜3万円
娘の嫁ぎ先(両親) 3〜5万円
娘の嫁ぎ先(祖父母) 1〜3万円
会社の上司・同僚・部下 5千〜1万円
知人・友人 5千〜1万円
友人の両親 5千円
ご近所さん 5千〜1万円

 

香典の表書きの書き方は?

 

香典の表書きの書き方も、仏式・神式・キリスト教式で異なりますので、それぞれの表書きの方法を紹介すると・・・

 

仏式の香典の表書きは?

 

葬儀 御香典、御霊前、御香料
法事 御佛前
供物

供物、御供物
(線香、抹香、ろうそく、菓子、果物)

 

神式の香典の表書きは?

 

葬儀 御霊前、御玉串料、御神饌料
法事 御神前、御榊料、御玉串料
供物

御供
(酒、鮮魚、果物)

 

キリスト教式の香典の表書きは?

 

葬儀 御霊前、御花料
法事 御花料
供物

御供
(花)

トップへ戻る