葬儀・告別式の意義と基本的な考え方は?

葬儀・告別式も同日に行うことが増えていますが、葬儀と告別式とは元々、異なる意味を持つもの。

 

  • 葬儀とは宗教的なもの
  • 告別式とは社会的なもの

 

この違いを理解しておくと、葬儀と告別式がどんな意味をもっているものなのかを理解しやすいと思います。

 

仏式の葬儀では、故人に仏の弟子としての戒律を与え、浄土へ導くための儀式を行います。

 

告別式では、死を広く一般に知らしめるとともに、故人と親交のあった人が最後の別れをする場面になります。

 

葬儀・告別式では葬儀社による司会進行が入ることが多いので、喪主はそこまでする必要はありませんが、当日は様々な部分で打ち合わせや挨拶などを行うことがあるので、多忙な一日になることを理解しておきましょう。

 

葬儀・告別式当日の流れとは?

 

葬儀・告別式の流れと喪主の役割は?

 

葬儀・告別式の斎場に到着
(開場の1時間前)

葬儀社の担当者と様々な打ち合わせを行います。
出棺前の挨拶内容・弔事を朗読する人の選出(名前や肩書の確認)・精進落としの人数・配膳人・流れの確認。

葬儀・告別式の受付開始
(開式の30分前)

葬儀・告別式の開式30分前に受付を開始するのが一般的。
喪主や遺族は開式の15分前までには着席しておきましょう。

斎場着席・開式の辞 開式時間までに着席し、司会者の「故◯◯殿の葬儀並びに告別を執り行います。」という開式の辞とともに葬儀・告別式が開始されます。
僧侶入場 開式の辞のあとに僧侶が入場されますので、礼をして僧侶を会場内に迎い入れます。
読経・授戒・引導 読経に続き、戒名が授けられる授戒を行い、引導と呼ばれる死者を成仏させる儀式が行われます。(除く、浄土真宗)
弔事の朗読・弔電の奉読

事前に依頼した代表者による弔事の朗読に続き、葬儀社の担当者により弔電の奉読が行われます。
弔事は故人と親しかった友人や職場の上司などが行い、喪主は後日、弔事者に直接御礼に伺います。
弔電は事前に選ばれた2〜3名分を司会者が奉読し、残りは名前のみ読み上げられ、終了後には祭壇に捧げられます。

読経・焼香・僧侶退席

お通夜と同じように読経と焼香を行います。
焼香は僧侶・喪主・遺族・親族・その他の参列者の順で行われ、焼香が終わると、僧侶の読経が終わり退席します。

お別れの儀

僧侶の退席後に祭壇から下ろした棺を参列者で取り囲む「お別れの儀」を行います。
故人との最後の対面の儀式で、祭壇を飾った花を棺の中に入れる「別れ花」と遺族と葬儀社の手で棺の蓋に釘を打つ「釘打ちの儀」を行います。
別れ花と一緒にメッセージカードや思い出の品などを棺に入れることもできますが、メガネなど燃えきらないものは入れることができません。

喪主の挨拶 釘打ちの儀のあとに霊柩車に棺を乗せ、火葬場に向かうことになりますが、喪主は参列者に対して最後の挨拶を行います。
閉式・出棺 喪主の挨拶終了後に司会者の閉式の辞をもって葬儀・告別式は終了します。

 

葬儀・告別式でで喪主が行うべきことは何か?

 

葬儀・告別式をちゃんと終わらせるためにも、当日の喪主の役割が非常に大切になってきます。

 

葬儀・告別式の当日に喪主がやるべきことは、

 

  • 葬儀社との打ち合わせ&開場確認
  • 開式15分前までの着席
  • 僧侶の次に行う焼香
  • 焼香時の参列者への黙礼
  • 出棺前の挨拶
  • 位牌の持ち運び
  • 精進落としの挨拶や献杯

 

お通夜の翌日に行う葬儀・告別式なので、喪主はお通夜とほぼ同じようなことを行うことになります。

 

特に出棺前の喪主の挨拶は非常に重要ですので、どのような内容を話すか事前にしっかり考えておきましょう。

 

葬儀・告別式で行う喪主の挨拶の例文は?

 

葬儀・告別式の最後に行う喪主の挨拶は長時間する必要もなく、3分くらいを目指して行うのが良いと思います。

 

喪主の挨拶の中に入れるべき項目は、

 

  • 参列していただいたことへの謝辞
  • 喪主と故人の関係性
  • 差し支えない範囲での死因や最後の様子
  • 故人の思い出
  • 故人が生前にお世話になったことへの感謝
  • もう一度参列してもらったことへのお礼

 

これらの項目を踏まえて喪主が挨拶を行い、挨拶終了後は遺族全員で参列者に対して深く一礼します。

 

長男としての葬儀・告別式の挨拶例文

 

故人の長男の〇〇です。

 

遺族を代表してご挨拶申し上げます。

 

本日は大変お忙しい中、故人〇〇のためにご参列くださいまして誠にありがとうございます。

 

おかげさまで無事、葬儀を執り行うことができました。

 

父(母)は、◯月◯日◯時に入院先の病院で◯歳の生涯を閉じました。

 

死因は◯◯でした。

 

早すぎる死かもしれませんが、これも定めと諦めて冥福を祈りたいと思います。

 

父(母)の存命中はなにかお世話になりましたうえに、最後までお見送りいただき、故人に代わって熱く御礼申し上げます。

 

本日は誠にありがとうございました。

 

喪主ではなく、親族代表が行う葬儀・告別式の挨拶例文

 

本日は大変お忙しい中、故人〇〇のためにご参列くださいまして誠にありがとうございます。

 

本来ならば喪主の〇〇がご挨拶を申し上げるところではございますが、ショックで体調を崩して、床にふせっております。

 

喪主の〇〇である私が本人に変わりまして、ご挨拶申し上げます。

 

故人の生前中は、ひとかたならにご厚誼にあずかり、深く感謝致しております。

 

十分な恩返しもできずに、この日を迎えましたことは故人にとりましても誠に残念であったと思います。

 

〇〇家のつらなる親戚一同、これからも心を合わせてやってまいりますが、遺族にい対しましても、生前に増してのご厚誼を賜りますようお願いいたしまして、ご挨拶に返させていただきます。

 

本日は誠にありがとうございました。

 

火葬場で納めの式を行う

 

火葬場で行うことは?

 

葬儀・告別式が終わったら、火葬場に移動してそこで最後の儀式となる納めの式を行います。

 

納めの式とは、火葬場の火葬炉の前の祭壇に棺や位牌、遺影を置いて喪主や遺族、同行した参列者がその周りに集まって最後の別れをする儀式のこと。

 

僧侶が付いてきている場合はそこで読経・焼香を行います。

 

納めの式が終わると、棺は炉に入り火葬が始まります。

 

火葬の流れとは?

 

火葬場へ移動する 遺体と喪主は霊柩車で移動し、遺族はマイクロバスなどのお供車で移動する。
納めの式 火葬炉の前に祭壇が用意され、読経と焼香を行う。終了後、火葬炉の扉を開いて、火葬が始まる。
火葬

約50分ほどかけて火葬を行う。
火葬中は待機室等で火葬が終わるまでお茶やお菓子を食べて待ちます。

収骨 火葬場の係員の指示の下に2人1組で箸を用いて遺骨を拾って、骨壷に収める。
繰り上げ初七日法要 葬儀中に行っていない場合は、ここで繰り上げ初七日法要を行います。
精進落とし 1時間〜1時間半ほどかけて精進落としを行います。

 

収骨と初七日法要の流れは?

 

収骨とは火葬炉から出てきた遺骨を骨壷に収める作業のこと。

 

収骨は2人1組で行い、竹と木の箸くを使って1つの骨を挟み、骨壷に入れていきます。

 

係員がどこの骨かを説明してくれますので、足の骨から順に上半身の骨へと拾っていき、最後に故人と最も血縁の深い人が喉の骨を拾って終了します。

 

火葬場のスタッフが、すべての骨を拾ったことを確認し、桐箱に入れて白布で包んだら収骨は終了して、そのまま「初七日繰り上げ法要」を行います。

 

以前は亡くなった日を1日と数えて、7日目に行っていましたが、最近では葬儀・告別式の中で行うか、収骨直後のタイミングで行うことがほとんどです。

 

繰り上げ初七日法要を火葬場で行う際には、火葬場の祭壇に骨壷を安置し、僧侶に読経してもらい、遺族と参列者は手短に焼香します。

 

火葬場を出る際には、骨壷と一緒に埋葬許可証をもらうことを忘れないようにしましょう。

 

精進落としと後飾りとは?

 

火葬場を出た後には、参列者をもてなす食事会である「精進落とし」を行います。

 

精進落としは、一人ひとりに会席料理をもてなす必要があるので、料亭や斎場などで行います。

 

精進落としの席順は、僧侶を上座にし、喪主や遺族は末席に座るようにします。

 

喪主の挨拶、近親者の献杯のあとに1?2時間ほどを目安に精進落としを行うようにしましょう。

 

喪主や遺族は、通夜ぶるまいと同じように参列者一人ひとりの席を回ってお礼のあいさつをします。

 

精進落としが終われば、一連の葬儀は終了になりますので、お通夜・葬儀・告別式の最後が精進落としというわけです。

 

喪主や遺族の役割として、後飾りを行うことも大切なことです。

 

喪主の自宅に小さな祭壇を設け、遺骨と位牌、遺影を四十九日法要まで安置し、祭壇には香炉や燭台などの仏具をおき、供物や供花をお供えします。

 

後飾りに必要な仏具などは、葬儀社のプランに含まれていることがほとんどですので、その場合は自ら用意する必要はありません。

 

お通夜や葬儀に参加できなかった人が弔問に来た際には、この後飾りの祭壇に焼香や線香をあげてもらいましょう。

 

後飾りの祭壇にロウソクを灯す際には、離れる時に必ずロウソクの火を消すようにしてください。

 

ロウソクが火が原因で火事になることもありますので、火の扱いには十分に注意しましょう。

トップへ戻る