葬儀・告別式に参列する際の服装は略礼装で問題なし。

葬儀・告別式に参列する際に正礼装をする必要もなく、最近の傾向として略礼装で十分だと考えられえています。

 

基本的な色味は黒を基調にして地味な色味を選ぶこと。

 

それを意識した服装選びを行うと、葬儀や告別式で故人や遺族に失礼にあたることもなく、安心して参列することができるでしょう。

 

ただ男性・女性・子供でそれぞれ服装選びの注意点が異なりますので、それぞれのパターン別に解説していきますので、参考にしてください。

 

男性の服装マナーと選び方のポイント【葬儀・告別式】

 

男性の服装マナーと選び方のポイント【葬儀・告別式】

 

男性の場合は、通夜・葬儀・告別式と黒のスーツを基調にして、服装選びを行うとよいと思います。

 

スーツ

 

ブラックスーツが基本で、シングル・ダブルはどちらでもOKです。

 

ワイシャツ

 

白無地のものを選び、襟が開いたものは避けましょう。

 

色付きのシャツやカフスボタン付きのシャツは控えてください。

 

ネクタイ

 

光沢のない黒無地のもので、ネクタイピンをつけずに装着します。

 

胸ポケット

 

基本的に胸ポケットにハンカチは入れませんが、入れる際には黒無地のものを選びましょう。

 

靴下

 

黒無地のものを選びますが、靴を脱いでも見えない部分のワンポイントくらいはOKです。

 

 

シンプルなデザインの黒革靴。(紐靴もOKです。)

 

金具がついているもの、凝ったデザインのもの、ローファーは避けましょう。

 

バッグ

 

男性の場合は持たないのが基本で、もし持つ際には布製のセカンドバッグにします。

 

女性の服装マナーと選び方のポイント【葬儀・告別式】

 

女性の服装マナーと選び方のポイント【葬儀・告別式】

 

女性の場合は、通夜・葬儀・告別式と黒のワンピースやアンサンブルを基調にして、服装選びを行うとよいと思います。

 

上下

 

黒無地のワンピース、アンサンブル、ツーピースなどを選びます。

 

肌の露出は極力控えて、襟の詰まった上着や長めのスカートを着用するようにします。

 

ネックレス

 

黒か白の真珠、オニキス、黒曜石などを身に着けて正装にします。

 

ストッキング

 

黒色を選び、カジュアルな印象のあるタイツは避けます。

 

 

布製の黒のパンプスを選びます。

 

光沢の強いもの、金具付きのもの、ヒールが高すぎるもの、ミュールなども避けます。

 

髪の毛

 

黒いゴムやピンでまとめます。

 

ハンカチ

 

黒か白色でフォーマルな印象の綿かシルク素材のタイプを選び、タオル地などのカジュアルなものは避けます。

 

バッグ

 

フィーマルバッグか黒のハンドバッグを選び、ショルダーバッグや装飾のあるものは避けます。

 

指輪

 

結婚指輪・婚約指輪以外は身につけません。

 

メイク

 

薄めにしますが、ノーメイクは禁止です。チークやアイシャドウも止めておきましょう。

 

香水

 

つけないか、つける場合も柔らかい香りのものにしておきます。

 

冬場の参列時にコートを着る場合も、会場内に入る前に脱ぐのは基本ですし、毛皮や革製のものは殺生を連想させるので避けましょう。

 

革製の手袋なども同様に注意してください。

 

子供の服装マナーと選び方のポイント【葬儀・告別式】

 

子供の服装マナーと選び方のポイント【葬儀・告別式】

 

子供の場合は、通夜・葬儀・告別式と学校指定の制服を基本にして、服装選びを行うとよいと思います。

 

制服

 

男女ともに学校指定の制服がある場合はそれを着用します。

 

詰め襟、セーラー服、ブレザーなどの形状は気にしなくて問題ありません。

 

制服がない場合は、白シャツか白ブラウスに黒色のズボンか黒色のスカートを合わせます。

 

女の子の場合は、黒色のワンピースでも大丈夫です。

 

上着

 

黒色のものを選び、ベストを着る際にも黒色を選びます。

 

防寒着を着る際には地味な色味を選び、カジュアルなパーカーやカーディガンは避けましょう。

 

靴下

 

黒色で女の子の場合はフリル等の装飾がないものを選びます。

 

 

黒色の靴を選びますが、モノトーンのスニーカーでも大丈夫です。

 

キャラクターものや派手なデザインのあるものは避けましょう。

トップへ戻る