自然葬とは何か?

自然葬とは墓石を用いて遺骨をお墓に納める一般的な埋葬方法と違って、樹木葬や散骨など自然に戻る形で葬送する方法のこと。

 

葬儀の種類ではなく埋葬方法なので、自然葬をする前には一般葬や家族葬、直葬などを行ってから実施します。

 

自然葬込みの料金体系で受付している葬儀会社もあるので、全て業者にお任せしてしまう方がスムーズに行えるかもしれません。

 

樹木葬や散骨だとお金がかからないし、どこでも大丈夫なのかという疑問や、どうすればできるのなどまだまだわからない部分も多いと思います。

 

ただ核家族化や少子化で家族構成が多様化して、お墓を維持できない人やお墓の継承者がいない人などにも人気の埋葬方法。

 

お墓の高い関東地方(特に東京都や千葉県)で自然葬を選ぶ人が増えているそうなので、この記事ではメリット・デメリットも含めて解説しますね。

 

自然葬を行う場所は?

 

自然葬を行う場所は?

 

自然葬を行う人が選ぶ場所は、

 

  • 樹木葬
  • 海や山への散骨
  • 宇宙への散骨

 

永代供養料などがかからないこともありますが、故人が自然が好きで死後に自然に返りたいという願いから自然葬を選ぶ人もいます。

 

樹木葬の場合は、樹木葬専門の霊園も用意されていますので、そこに遺骨を埋葬することになります。

 

ペットと一緒に同じ場所に埋葬することができる霊園などもあるので、愛犬や愛猫と死後も一緒に過ごしたいという願望にも対応できるメリットも。

 

樹木葬とは?

 

樹木葬とは、死後に自然と共存することを目的に生み出された埋葬方法で、墓石の代わりに樹木を墓標とする新しい葬送方法です。

 

自然葬のひとつと考えられていますが、自然葬の中では従来の埋葬方法に近く、墓埋法という法律が適応されますので墓地として認可された場所でしか行うことができません。

 

自宅の庭で樹木葬を行うことはできませんので、その点は誤解しないようにしてくださいね。

 

樹木葬を選ぶと人工物を墓石として置くことがありませんし、遺骨も一定期間で自然に戻るために最終的にすべて自然に返ることになります。

 

宗教や宗派を問わずに行える葬送方法ということもあり、こだわりやしきたりに対する想いが強くない人が選ぶことも多いそうです。

 

樹木葬の費用の目安や相場は?

 

2010年に行われた調査では樹木葬の平均相場は70.9万円ですので、一般的な墓石の購入金額の174.1万円よりも100万円以上も安い費用で埋葬することができます。

 

東京都や千葉県などお墓の永代供養料が高い場所だと、100万円以下で自然に戻る形で埋葬できるというのは十分にメリットがある方法でしょう。

 

最近は納骨堂なども人気ですが、納骨堂は一人あたりの費用ですし、それ以外に年間の管理費もかかるので樹木葬を選んだ方が負担する総額は少なくて済みます。

 

年間の管理費も不要で、後継ぎやお墓の管理に関する心配も不要だからこそ、樹木葬を選ぶ人が徐々に増えているのかもしれませんね。

 

散骨とは?

 

散骨とは火葬後に細かく砕いた遺骨を海や山に撒く葬送方法で、樹木葬のようにここ数年で選ぶ人が徐々に増えている葬送方法です。

 

樹木葬のように墓埋法が適応されませんので、基本的にどこでも行うことができますが、散骨を選ぶ場所を間違えるとトラブルになることもあるので注意が必要です。

 

墓埋法が適応されないこともあり、2019年の現時点では散骨を行っても罪に問われる事はありませんが、最低限のマナーを意識して行うようにしましょう。

 

散骨を選ぶ人の多くは、海洋散骨という船で沖に出てそこで海に撒く方法を選ぶ傾向がありますが、ヘリコプターや航空機で空中葬をしたり、山林に撒く森林散骨を選ぶ人もいるそうです。

 

ロケットや人工衛星に乗せて宇宙まで遺骨を送る人もいるなど、散骨の形態も時代とともに変化しつつあります。

 

散骨時に避けたほうが良い場所は?

 

法律的に問題なくても、やはり周りの目は気にするべきですし、散骨したことで風評被害が起こったり、後々にトラブルになることもあるので自分で散骨する際には場所選びに注意しましょう。

 

散骨する際に避けるべき場所は

 

  • 河川や湖、水源に近い場所
  • 海水浴場や漁場、養殖場の近く
  • 他人の私有地や国有地

 

現時点で日本で散骨が認められている場所は、特定の国が所有権を持たない公海や定められた墓地、私有地だけです。

 

また一部の自治体では条例で散骨禁止にしている場合もあるので、事前に確認したほうが無難でしょう。

 

散骨後のトラブルを避けるためにも、日本人の多くは公海上で行う海洋散骨を選んでいますので、それに対応した散骨プランを提案している業者も多数います。

 

散骨の費用の目安や相場は?

 

散骨をする場合に最も高いのが散骨場所までの搬送料です。

 

海にするのか?山にするのか?宇宙にするのか?どの場所で散骨する場合でも、そこまでは運ばなければなりません。

 

最も安い散骨方法だと合同の海洋散骨で、参列者無しですべて業者に任せる委託散骨で55,000円からという方法もありますが、選ぶ方法で相場が変わってきます。

 

海洋散骨の相場や料金目安は、

 

  • 委託散骨:5.5万円から
  • 合同散骨:10万円前後
  • 単独散骨:20〜30万円

 

宇宙葬の相場や料金目安は、

 

  • ロケット:50万円前後
  • 人工衛星:100万円前後
  • 月面散骨:250万円前後

 

かなり高額な費用がかかる宇宙葬ですが、高知県のストーンアート工業が提供している「バルーン宇宙散骨」はなんと最安値の8万円。

 

宇宙葬もバルーンを成層圏まで上げて散骨する方法を選ぶと、かなり安い費用で散骨することができますね。

 

自然葬を選ぶメリットやデメリットは?

 

自然葬を選ぶことで考えられるメリットには、

 

  • 自然回帰することができる
  • 埋葬費用を安くすることができる
  • 永代供養料や管理費は基本的に不要
  • お墓の管理やお手入れの手間がかからない
  • 宗教や宗派に関わらずに行うことができる
  • 散骨なら好きなタイミングでできる
  • ペットと同じお墓に入れる霊園もある

 

自然葬を選ぶことで考えられるデメリットには、

 

  • 親戚や知人に理解されないこともある
  • 遺骨を返してもらえないリスクがある
  • 樹木葬の霊園がイメージと違うことがある
  • 樹木葬の場合、交通アクセスが悪いことも
  • 樹木葬の場合、永代供養ではないところも

 

などなど、自然葬の方法や選ぶ樹木葬の霊園によっても多少違いがありますので、総合的に考えて自然葬がよいのか?一般葬が良いのかは判断しましょう。

 

自然葬(散骨・樹木葬)は、まだまだ新しい形式の葬送方法ですので、後悔しないように注意してくださいね。

トップへ戻る