焼香の手順や作法、基本的なやり方は?

焼香とはお通夜や葬儀・告別式で故人を弔うために行う儀式のことで、元々は仏への帰依を表す儀式でした。

 

現在では、お通夜や葬儀・告別式でも取り入れられていますが、通常のお通夜では参列者が順に祭壇の前に置かれた焼香台まで歩いく立礼焼香を行います。

 

焼香にもいくつかの種類があり、

 

  • 立礼焼香
  • 座礼焼香
  • 回し焼香

 

一般的な焼香は立礼焼香ですので、立礼焼香の手順や作法を中心に正しいやり方を紹介しますね。

 

立礼焼香の基本的な作法とは?

 

立礼焼香の基本的な作法とは?

 

@焼香台の手前で遺族にまず一礼して、次に遺影に向かって深く礼をし、一歩前に進みそこで合唱します。

 

A祭壇の前に進み、数珠を左手にかけて腰より少し高い位置でキープして、右手の親指・人差し指・中指で抹香少しつまんで目の高さまでかかげます。

 

B目の高さにかかげた抹香を香炉の中に落とす動作を1〜3回繰り返します。(3回が基本ではなく、1回が基本で宗派によって回数が異なります。)

 

C再び合掌して故人のご冥福をお祈りして、一歩下がって遺影に向かって一礼し、遺族に向かって一礼して静かに席に戻ります。

 

焼香をする際の注意点は?

 

焼香をする際に一番注意しなければならないのは、正しい抹香のつまみ方です。

 

右手の親指・人差し指・中指の3本指でつまみ顔の高さまで上げますが、その際に右手を返してしまい指が上に向いてしまうのはマナー違反。

 

抹香をつまんだ右手は絶対に上に向けないようにしましょう。

 

焼香の回数は宗教や宗派、会場の司会者の指示に従う。

 

一般的な焼香は3回だと思っている人が多いですが、浄土真宗大谷派は2回ですし、浄土真宗本願寺派は1回しか行いません。

 

お通夜や葬儀・告別式の参列者が多い時などは司会者から1回にして欲しいというお願いがある場合もあるでしょう。

 

故人を偲ぶ気持ちがあれば、焼香の回数は何回でも問題ありませんので、1回の場合はしっかり心を込めて行うようにしてください。

 

座礼焼香の手順や作法は?

 

座礼焼香とは基本的に和室で行う焼香のことで、立礼焼香とは逆に座って行う焼香のこと。

 

葬儀が和室などの室内で行われる場合には、座布団などに座って焼香を行うことになります。

 

基本的な手順や作法は立礼焼香と同じで、参列者が焼香台まで移動して焼香を行いますが、移動方法に作法があります。

 

焼香台までの距離が近い場合は、膝行・膝退という立ち上がらずに移動する方法を選び、距離が遠い場合は中腰の姿勢で立ち上がって移動するようにしましょう。 

 

回し焼香の手順や作法は?

 

回し焼香とは自宅などの狭い場所でお通夜や葬儀・告別式を行う場合に選ぶ方法のこと。

 

人が移動するのではなく、香炉と抹香をお盆などにのせて移動させながら行う焼香です。

 

香炉と抹香がのったお盆を受け取ったら、自分の前か膝の上にお盆を置いて焼香を行い、終わったら次の順番の人に渡しましょう。

 

線香のあげ方の手順や作法は?

 

線香のあげ方の手順や作法は?

 

仏式のお通夜や葬儀・告別式では抹香による焼香ではなく、線香を使って行う線香焼香を行う場合もあります。

 

線香焼香のやり方は、

 

@焼香台に向かう前に遺族に向かって一礼し、続いて遺影に向かって深く一礼して祭壇に向かって進み合掌します。

 

A合唱が終わったら右手の親指と人差し指で線香を1本つまんで取ります。(宗派によっては2本や3本の場合もあります。)

 

Bロウソクに線香を近づけて火を灯します。

 

C線香に火が灯ったら、左手で扇いで火を消すか、左手に線香を持ち替えて右手で扇いで火を消します。

 

D線香を静かに香炉に立てて合掌し、故人の冥福を祈り、遺族に向かって一礼して静かに席に戻ります。

 

線香焼香の注意点は?

 

線香焼香をする際に一番注意しなければならないのは、線香に火を灯した際の消し方。

 

火がついているからと息を吹きかけて消すのは完全なマナー違反。

 

仏教では、「人は口で不浄なものを飲み食いするので、不浄な口から出た行きは穢れている」と考えられています。

 

だから絶対に息で吹き消さないように注意しましょう。

 

これは仏壇にお線香をあげる際にも共通する考え方ですので、線香に灯した火は必ず手で扇いで消すということを覚えておいてくださいね。

トップへ戻る