心のこもったお葬式(家族葬)が遺族や親族の負担を減らしてくれる

 

心のこもったお葬式(家族葬)が遺族や親族の負担を減らしてくれる

 

終活という言葉が一般的になったこともあり、生前から死後のお通夜や、葬儀・告別式のことを考える人も増えてきました。

 

高齢者だけのブームではなく最近では50代、60代の人でも自分のお葬式をどんな感じで行って欲しいのかということについて考えるようになり、以前のお葬式に関する考え方とは傾向が変わりつつあります。

 

心のこもったお葬式を希望する人の中には、一般葬ではなく家族葬や一日葬を希望する人も増え、TV番組や雑誌等のメディアでも特集されることもあるので、知っている人も多いかもしれませんね。

 

喪主として一般葬を取り仕切ったことがある人はわかると思いますが、お通夜から葬儀・告別式が終わるまでの数日は本当に忙しく、故人を偲ぶことができなかったと後悔する人も多いんです。

 

それに比べると小規模で参列者も少ない家族葬は、余計な部分で気を使う必要もなく、遺族や親族だけで見送りができるので本当に心のこもったお葬式ができます。

 

 

家族葬もどの葬儀社に依頼するのかで条件が変わる

 

心のこもったお葬式や小規模のお葬式を希望する人が選ぶことが多い家族葬ですが、どの葬儀社に依頼するのかで終わった後の感想も変わります。

 

葬儀業界にはプチ家族葬ブームのような流れがあり、多くの葬儀会社が家族葬のサービスを提供していますが、満足度はマチマチです。

 

地域密着型の葬儀会社の場合、家族葬というネーミングのみ採用したほぼ一般葬と変わらないような葬儀を行うところもあり、見積もり費用と最終的な請求金額が異なることで、トラブルになる事例も増えています。

 

心のこもったお葬式をするはずだったのに、最終的に葬儀会社とトラブルになってしまうのでは本末転倒ですので、家族葬を選ぶなら専門的に行っている葬儀社にすべきでしょう。

 

特にNHKでも特集された【小さなお葬式】やテレビで何度も紹介されている【よりそうのお葬式】などのメジャーな葬儀社を選ぶと安心です。

 

これらの葬儀社の場合は、家族葬でも一般葬でも全て定額プランで明瞭会計ですので、トラブルに巻き込まれるリスクも低いので、多くの人が利用しています。

 

心のこもったお葬式をしたいのなら体験談はチェックしよう。

 

はじめて利用する葬儀社だと、本当に心のこもったお葬式ができるのかという不安もあるとおもいます。

 

よりそうのお葬式も小さなお葬式も、実際の利用者のインタビューや体験談を公式サイトで公開していたり、資料請求の際にそういった冊子も届けてくれます。

 

実際に体験した人がどう感じたのか?

 

サービスの良い面も悪い面も書かれていますし、大手葬儀社との違いやなぜその葬儀社を選んだのかという理由も明確になるでしょう。

 

大手葬儀社だから安心できるとか、馴染みのない葬儀社だから不安になるという時代ではなく、ニーズに沿ったサービスを提供できる葬儀社なのかという視点で選ぶことが大切です。

 

葬儀・告別式の負担が少ないことも大切なことですが、心のこもったお葬式を最後まで気持ちよくできるサービスを提供してくれる葬儀社を選ぶことが基本的なポイントです。

 

心のこもったお葬式を行うために大切なことは?

 

故人の死後に葬儀社を選びと普段とは違う状態になり、冷静な判断ができないこともあるので、後悔しない判断をするためにも事前の情報収集が大切です。

 

故人が亡くなってから葬儀社を選ぶまで3時間以内というのがほとんどだそうですので、その短時間で冷静な判断をするのは難しく、病院に紹介された葬儀社を利用すると、多くの場合で理想と違う現実に直面します。

 

心のこもったお葬式をするはずが、葬儀社の対応に疲れ、参列者の対応に疲れ・・・何のための葬儀だったのかという後悔をしないためにも、普段から情報収集を行っておくと失敗するリスクを防ぐことができます。

 

人間はいつしか死にますので、そのことをちゃんと理解していれば、生前に情報収集を行うことが悪いことではなく、故人の理想を聞いたり、その現実に直面した際に選択肢を増やすことになるのでメリットの有ること。

 

そう考えて事前に資料請求くらい行っておくと、葬儀・告別式が終わった後に後悔せずに済みますよ。

 

トップへ戻る