家族葬 メリット デメリット

家族葬とは?

家族葬とは何か?

家族葬とは一般葬よりも選ぶ人が徐々に増え始めた葬儀の種類のひとつで、参列者を遺族や親しい人のみに限定して行う葬儀方法のこと。

 

参加人数が少ないことで故人とのお別れもゆっくりできるし、金銭的な負担も少ないことで人気で、葬儀会社でも家族葬プランを用意するところが増えてきています。

 

少人数でのお別れだと寂しい感じになるのではないか?

 

と思う人もいるようですが、故人をより良く知っている人たちだけが参列することで、心ゆくまでお別れができたり、ゆっくり見送ることができてよかったという感想も多いんです。

 

家族葬を選んだ人の中には、家族葬を先に行ってから遺族以外の人向けにお別れ会を行う人もいるなど、単なる費用削減のためだけに選ばれる葬儀方法ではありません。

 

家族葬を行う場所はどこか?

 

家族葬とは何か?流れは?

 

家族葬を行う人が選ぶ場所には、

 

  • 自宅
  • 小さめの式場がある斎場
  • 家族葬専用の斎場

 

など様々なタイプが有り、家族葬専用の斎場の場合は少し大きめのマンションタイプになっていることで、リビングルームやキッチンがあり参列者もくつろぐことができます。

 

ちなみに自宅で家族葬を行うと、

 

斎場や式場の都合に合わせる必要もなく、ゆっくりと心を込めた準備や葬儀を行うこともできますし、コスト面(式場費・遺体安置料)を抑えることもできます。

 

家族葬の流れは?

 

家族葬の流れも一般葬とはほとんど変わらず、大きな違いは葬儀に参列するのが、主に家族や親族になるという部分だけです。

 

ご遺体の搬送・安置

 

お亡くなりになった後、病院紹介の葬儀社かこちらが選んだ葬儀社にご遺体を安置場所まで移動させる必要があります。

 

死亡後24時間以内の火葬は法律で禁止されていますので、自宅ないし指定の安置所で過ごすことになります。

 

病院では長時間、ご遺体を安置することができませんので、葬儀社に連絡すると1時間以内にお迎えに来てもらえます。

 

事前に家族葬をお願いしている葬儀社であれば問題ありませんが、病院紹介の葬儀会社の場合は、安置所への搬送のみをお願いするようにしましょう。

 

納棺の儀式を行う

 

納棺の儀式と言っても、家族ないし葬儀会社の人が行うことになるので、お坊さんを呼んだりする必要もありません。

 

当サイトで紹介している格安葬儀紹介サービスで実施する家族葬の場合は、納棺に必要なお棺や仏衣一式、納棺費用も定額プランに含まれています。

 

納棺の流れは、湯灌(体や髪を清める儀式)→死化粧(遺体の髪や顔を整え、女性は薄化粧)→死装束への着替え→故人の愛用品などを副葬品として棺に入れて終了です。

 

お通夜

 

自宅以外で安置&通夜を行う場合は、寝台車でご遺体を斎場まで移動させ、お通夜を行います。

 

格安葬儀紹介サービスで実施する家族葬の場合は、通夜振舞いなどはサービスに含まれていませんので、各自で行うような流れになるでしょう。

 

葬儀・告別式・初七日

 

家族葬の場合は葬儀・告別式と同じ日時に初七日を行いますので、通夜に参加しない方は、1日で初七日まで終わってしまいます。

 

初七日に関しては、火葬のあとに初七日法要を行う場合と、告別式の最中に行う式中初七日がありますが、よりスムーズに行える式中初七日を選ぶ人が多いようです。

 

出棺・火葬

 

火葬場まで故人を搬送し、そのまま火葬をします。

 

多くの場合、葬儀会社のスタッフが火葬場まで故人をお運びし、火葬場で家族と待ち合わせて火葬を行います。

 

火葬にかかる時間は約1時間。その後、収骨を行って家族葬は終りとなります。

 

定額プラン以外で行う場合は、火葬後に「初七日の繰り上げ法要」を行う場合もあるでしょう。

 

家族葬のメリットとは?

 

家族葬を行うことでどのようなメリットがあるのか?

 

家族葬のメリットが分かれば、なぜ選ぶ人が増えているのかという理由もわかるでしょうし、あなたに家族葬があっているのかも判断することができますね。

 

葬儀にかかる費用を安く抑えることができる

 

家族葬とは、簡単に言うと一般葬の規模を小さくしたものなので、しっかりした葬儀を行いながらも費用を安く抑えることができます。

 

豪華な祭壇の設置や会葬者への香典返し、通夜や告別式の食事など高額な負担がないことが、低価格で行える理由と言えるでしょう。

 

家族葬はお金よりも心をこめて行うものなので、見栄をはらずにできるという部分も、余計なコストを使わなくて済む理由です。

 

故人と時間をかけてゆっくりお別れができる

 

一般葬をすると、家族は故人を偲ぶ時間がほとんどありません。

 

葬儀関係者との打ち合わせや参列者への対応に追われてしまい、悲しみや故人と最後のお別れの時間をゆっくり過ごすことができないこともしばしば。

 

しかし家族葬の場合は、参加者は家族や親族が中心の気心がしれた人だけですので、余計な気を使う必要もないですし、スケジュールに追われて忙しいこともないでしょう。

 

最後のお別れだからこそ、周りに振り回されることなく故人をゆっくり偲びたいという人にはおすすめです。

 

葬儀の形式に拘る必要がなく自由にできる

 

家族葬は一般に対して行う葬儀ではないので、故人や家族の希望や願望を叶える形でお葬式を行っても全く問題がありません。

 

仏式葬儀でも無宗教でも家族葬を選べば、普通ならこうしなければいけないというルールを当てはめる必要がないので、かなり自由度があります。

 

故人の遺言でこんな家族葬にして欲しいとか、遺族が生前の故人のことを考えこんな家族葬で送ってあげたいという想いを形にすることができますよ。

 

葬儀に係る準備や手間を減らせる

 

一般葬の場合は、参列者の人数を予想して会場や食事の手配をしたり、香典返しなどの準備を行う必要がありますので、遺族はかなりバタバタします。

 

葬儀の準備は精神的にも金銭的にも大きな負担になるので、そんな状態を回避できる家族葬は準備の手間も少なくておすすめ。

 

故人と遺族のための葬儀のはずが、周囲に気を使って準備に追われドタバタで葬儀当日を迎える人も多いので、そうった負担の少ない家族葬はメリットがあると言えるでしょう。

家族葬のデメリットとは?

 

家族葬をすることで起こるデメリットとは?

 

家族葬を選んだことで起こるデメリットも知った上で、本当に家族葬があっているのかを考えることも大切です。

 

一般の弔問客が来てしまう場合もある

 

家族葬で行いたいという話をしても、故人と最後のお別れをしたいと当日、急に来てしまう弔問客がいないとも限りません。

 

一人や二人なら対応できても大人数になってしまうと、会場の問題で対応できなくなることも。

 

香典を受け取ってしまうと香典返しなどの返礼品、参加者に対する挨拶礼状などが不足してしまうこともあるでしょう。

 

親族の中には家族葬をよく思わない人がいる場合も

 

親族の中にはお葬式と言えば一般葬であり、家族葬ではお世話になった人や会社の人も招かないのは、十分な葬儀ではないと考える人がいる場合もあります。

 

家族葬を選んだことで親族や参列できなかった人とトラブルなる可能性もまったくないわけではありません。

 

家族葬を行う場合は、なぜ家族葬を選んだのか?故人の遺志なのか、遺族の気持ちなのかなどを丁寧に説明する必要もあるでしょう。

 

参加できなかった人に挨拶状を送ったほうが無難

 

家族葬を選ぶと、社会的なつながりがない状態で故人とお別れすることになるので、知らせなかった親族や友人に挨拶状を送ったほうが良いでしょう。

 

家族葬になった理由や当日の写真、家族葬の様子などまとめた手紙や冊子を送ってあげることで、社会的にも故人の葬儀を知らせることができます。

 

また後日、故人を偲ぶ会などを開催する人もいますので、社会的なつながりの強さや状況に合わせてそういった対応が必要になる場合があることも知っておくと良いと思います。

 

香典が少ないので葬儀費用を香典で賄えない

 

家族葬の場合は、参加人数が少ないことで葬儀費用を香典で賄うことができなくなります。

 

全体的な費用は安いものの香典が多いと葬儀費用をある程度賄うことができますが、家族葬だとそれは難しいこと。

 

香典で葬儀費用を捻出することを期待している人だと、もしかするとそれができずに費用面のデメリットになることもあるでしょう。

 

また招待客(家族や親族)以外が家族葬の当日に斎場に来た場合は、香典も供物も供花も受け取らないことが一般的な家族葬のルールです。

 

郵送等で香典を送られてしまった場合は、葬儀後にしっかり香典返しを送るようにしましょう。

 

家族葬がおすすめな人とは?

 

家族葬がおすすめな人とは?

 

家族葬にはメリットもデメリットもあることがわかったと思いますし、その比較だけで家族葬が向いているか判断できた人もいるかもしれません。

 

一般的に家族葬がおすすめな人は、

 

  • 費用をかけずに通夜や葬儀を行いたい
  • 身内だけで静かに故人を送ってあげたい
  • 故人がこじんまりとしたお葬式を望んでいた
  • 故人が高齢のため、葬儀の参列者が少ない
  • 参列者に高齢者が多く葬儀に参加するのが大変
  • 故人が亡くなる前に家族葬を希望していた

 

時代の変化とともに家族葬を希望する人が増えていますし、家族葬だから故人をちゃんと送れないということもありません。

 

あなたやご家族の希望や状況に合わせて、故人にあった葬儀方法を選んであげてくださいね。

 

家族葬を行う際の注意点は?

 

家族葬を行う上で注意すべきことが2点あります。

 

  • 訃報を知らせる範囲
  • 訃報を知らせる時期

 

この2点をしっかり理解していないと、家族葬をするつもりが一般葬と変わらない状態になってしまうこともあります。

 

一般葬とはお招きする範囲、お葬式をお知らせする範囲が違いますので、この点も最初に意識しておくとよいでしょう。

 

家族葬はどこまで知らせるべきか?

 

家族葬と一般葬の大きな違いは参列者の数と範囲ですので、家族葬をしたい移行があっても、多くの人に故人が亡くなったことが伝わってしまうと、式に参列したいという人が増えてしまいます。

 

家族葬をする場合は、お招きしたい人のみに式の日程や場所などをお知らせするのが良いでしょう。

 

ただ親しい親戚や故人との関係性が深かった人にお知らせしないと、後日トラブルになることもありますので、その点は十分に配慮する必要があります。

 

いくら家族葬といえども、故人とお別れをしたいと思っている人の気持ちをないがしろにしてはいけません。

 

故人の死をお知らせする時期は?

 

家族葬を選んだ場合、故人が亡くなったことを知らない人が多くなり、葬儀直後にお伝えしてしまうと、すぐに自宅に弔問に来る方もいらっしゃいます。

 

数名なら対応できるものの弔問客がどんどん増えてしまうと、家族葬を選んだ意味が薄れ、個別対応をすることが遺族にとって辛いことになりかねません。

 

家族葬をした上で、別途お別れ会を催すというのもひとつの方法ですが、葬儀費用との兼ね合いで家族葬を選んだ人には、お別れ会の出費も痛いところでしょう。

 

そういったことがないように、一般の方へのお知らせは四十九日法要が終わった後にするか、年末に年賀欠礼の喪中ハガキを送ってお知らせする方法で良いと思います。

トップへ戻る