喪主の決め方と役割は?

喪主とは、遺族の代表者として葬儀を取り仕切り弔問を受ける役割を担う人のことです。

 

喪主の主な仕事は弔問を受けること。

 

喪主の代表的な役割は、

 

  • 弔問を受けること
  • 葬儀全体の監督
  • 様々な場面での挨拶
  • 寺院(僧侶)への連絡
  • 葬儀社の選定・依頼

 

葬儀の実務のすべてを取り仕切るのが喪主の役割だと誤解している人が多いですが、実務は世話役に任せてしまっても問題ありません。

 

しかし最近の傾向では喪主が葬儀全般を取り仕切ることが多くなっていますので、規模や参列者の人数に合わせて対応しましょう。

 

喪主と施主を混在している人もいますが、施主とは葬儀の費用を負担して運営する人のことですので、厳密には異なる場合もありますが最近は喪主=施主という形も多くなっています。

 

喪主はどうやって決めるのか?

 

喪主はどうやって決めるのか?

 

喪主を決める際に優先順位や基本的な考え方があるのかも含めて、喪主の決め方について解説していきます。

 

ちなみに喪主は1人でなくてもよく、法律では祭祀継承者はひとりと定められているものの喪主に関しては人数制限はありません。

 

喪主選びは故人の遺言が最優先される

 

喪主の決め方で、最も優先されることは故人の遺言です。

 

故人が遺言で喪主を指名していれば、それに従って喪主を決めることになりますし、喪主に指名された場合は遺産相続でもメリットが多いことがあるので、行うようにしましょう。

 

一般的な慣習で喪主を選ぶ

 

喪主に関する遺言がない場合は、一般的な慣習で喪主を選ぶことになり、故人の配偶者が喪主になります。

 

夫が亡くなった場合は妻が喪主になり、妻が亡くなった場合は夫が喪主になります。

 

以前は家督を継ぐ後継者が喪主を務めていましたが、最近の傾向では配偶者になっています。

 

喪主を血縁関係で選ぶ際の優先順位は?

 

配偶者が高齢や病気のために喪主を務めることができない場合は、血縁関係の深い人から優先順位をつけて、喪主選びを行います。

 

具体的に優先順位を紹介すると・・・

 

  1. 長男
  2. 次男以降直系の男子
  3. 長女
  4. 長女以降直系の女子
  5. 故人の両親
  6. 故人の兄弟姉妹

 

この順番で喪主選びを行います。

 

子供が喪主を務める場合に男性がやることが多いのは、跡取りが喪主を務めるのが常識だった戦前の風習が今も色濃く残っているから。

 

故人と同じお墓に入る予定の人が喪主になることが多いので、女性の場合は他の家に嫁ぐことが多いので、必然的に男性が行うことになるでしょう。

 

配偶者や血縁者がいない場合の喪主選びは?

 

故人に配偶者や血縁者がいない場合の喪主選びは、知人や友人が行うこともありますし、入所していた介護施設の代表が喪主を務めることもあります。

 

そういった場合は喪主ではなく、「友人代表」や「世話人代表」と呼ばれることになります。

トップへ戻る