故人の遺志を最大限尊重したお葬式をしたいだけだったのに・・・

亡くなった旦那さんの葬儀に対する考え方は、

 

  • 無宗教で戒名も不要
  • 質素なお葬式で十分
  • 家族だけでひっそり送りたい
  • 予算も抑えたい

 

こんなお葬式を行うことを希望されていた旦那様。

 

故人の遺志を最大限尊重したお葬式をしたい

 

胸が痛いと倒れ、そのまま病院搬送されましたが地元の日野市から神奈川県の病院に転送されたものの、そこで亡くなられました。

 

亡くなるまでの数日は毎日病院に付き添い旦那さんをサポートしていた奥様はほとんど寝ていない状態。

 

病院から自宅までは地元の葬儀社に搬送を依頼し、その車中で葬儀社の社員に葬儀のイメージや希望を聞かれ、旦那様の意思を伝えたところ・・・

 

葬儀社の態度が一変して雑談まで始める始末。

 

旦那様を失って憔悴している奥様がさらなる衝撃を受け、娘さんと他の葬儀社探しを初めて、よりそうのお葬式を発見。

 

電話で希望を伝えたところ、故人の遺志を尊重したお葬式を予算内でできるという回答がもらえて、そのままお願いすることに・・・。

 

費用が抑えられただけではなく、心のこもった対応をしてもらえたので、今でもその時の葬儀担当者の人のことが話題になるほどで、本当に満足した葬儀を行うことができました。

 

ホームページに書かれている情報通りにお葬式ができたし、満足度で言えばそれ以上のものだったと思っています。

 

故人の命が終わってから葬儀社選びを始めたけど、もっと早く葬儀社選びを行っていれば、葬儀社の対応に傷つくこともなかったと思います。

 

医者も最後まで諦めないでください。といいますが、生前に葬儀社探しを行うことは悪いことではないと思いますし、もし探した上で回復すればそれはそれで素晴らしいこと。

 

主人のように質素なお葬式で十分だと考えている人には、よりそうのお葬式のように定額プランがあり明瞭会計の葬儀社を選ぶと安心だと思いますよ。

トップへ戻る