みんなの葬儀体験談!実際に葬儀をしてどうだったのか?記事一覧

当初は母の葬儀・告別式を地元の葬儀社に依頼しようと思っていたものので、インターネットでよりそうのお葬式を発見。実際に問い合わせてよりそうのお葬式のメリットを確認して、最初は不安があったものの終わってみれば、よりそうのお葬式で良かったと実感したそうです。よりそうのお葬式が良かったポイントは葬儀費用も安く支払い方法も選べた落ち着いて母を看取ることができた地元の葬儀社は一括現金払いだけだった父の葬儀をお...

膵臓がんを患っていた割に元気だった旦那さんと地元の新潟県から娘の嫁ぎ先の神奈川県に引っ越してわずか4ヶ月。急に旦那さんが亡くなってしまい、親戚は全員地元の新潟県だし、知っている葬儀社もなく、葬儀社選びに悩んでよりそうのお葬式に依頼された奥様。闘病していたこともあり、葬儀についても少し考えて生協や葬儀会社のショールームに行っていたものの葬儀費用は30万円以上と少し高額に感じていたそうです。葬儀費用を...

亡くなった旦那さんの葬儀に対する考え方は、無宗教で戒名も不要質素なお葬式で十分家族だけでひっそり送りたい予算も抑えたいこんなお葬式を行うことを希望されていた旦那様。胸が痛いと倒れ、そのまま病院搬送されましたが地元の日野市から神奈川県の病院に転送されたものの、そこで亡くなられました。亡くなるまでの数日は毎日病院に付き添い旦那さんをサポートしていた奥様はほとんど寝ていない状態。病院から自宅までは地元の...

80代後半になった母の全身にガンが転移し、入院時にはすでに手遅れで痛みを抑える緩和治療しか選択肢がなかったので、入院中に葬儀社選びをはじめました。母は入院して1ヶ月ほどで亡くなってしまい、その際にたまたま手元に届いた葬儀社の資料の中にあった火葬式を選んだほうが良いのかも・・・と思いました。火葬式が良かった理由は、兄弟や親戚に車イス利用者が多かった介護が必要な人が多かった遠出できない人が多かった母の...

娘が6歳の頃に妻が乳がんを発症し、当時の私の収入が激減した時期と重なったことで、お金に苦しみながらの闘病生活を送ることになってしまいました。娘が中学2年生になった時に妻の病状はかなり悪化し、先祖の墓参りに行っているタイミングで妻が亡くなってしまい、ご先祖様に連れて行かれたのではと精神的にも打ちひしがれていました。小さなお葬式を知ったのは病院と提携していた葬儀会社だったから。お金に苦しんだ闘病生活だ...

3日前にお母様を亡くし、その後を追うように奥様を亡くされてしまった旦那様。お母様は大手葬儀社で葬儀をお願いし、特に問題なく終えることができたものの、直葬式だったこともあり心寂しさを感じていたそうです。そこで奥様の葬儀は家族葬で行おうと考え、ネットで調べてシンプルなお葬式を見つけ、よりそうのお葬式に連絡されたそうです。よりそうのお葬式で紹介された1社目は個人的に避けたかったということで、2件目の葬儀...

私が入会している共済会の会報誌で小さなお葬式のことを知り、父が余命宣告されていたこともあり、葬儀について調べ始めていたので自然と目に止まりました。生前に父は葬儀は派手なものではなくて良いと言っていたので、小さなお葬式の一日葬はぴったりだと思って検討をつけていました。父がなくなった当日、夜中でしたが小さなお葬式い電話をしたら1時間も経たないうちに担当の方が病院まで来てくれました。初めて会った方でした...

余命2〜3ヶ月、長くても半年と言われていたものの、1ヶ月後に急になくなってしまい、心の準備もできていないタイミングでの別れになりました。叔母の兄弟は存命だったものの高齢ということもあり、同居していた甥っ子の私が喪主を務めることになりました。しかし仕事の関係上、翌日にすぐに葬儀ができる斎場を探していました。葬儀場を探している時に妻が見つけたのが小さなお葬式。早速問い合わせてみたものの、やはり翌日の葬...

3年前から認知症を患い、高血圧で入院した際の後遺症で息子のこともわからなくなってしまった母。病院→完全介護の施設→近所の介護施設と割とスムーズに移動したある日、下血したので病院に行くと、近所の介護施設から連絡があり、医師にその場で余命宣告され、もう助からないことを知りました。その翌日にあっという間に母はなくなってしまい、頭が真っ白になりましたが、生前に母からもお葬式は簡単に済ませて欲しいと言われて...

トップへ戻る